マインド

35歳までに身につけたい習慣 その7 「4つの結果を知れ」

以下は私に20歳前後の子がいる、または若い頃の自分と話す機会があると仮定して記述する。

先ず、何事も積極的にチャレンジして欲しい。

少しでも興味があり、楽しめそうなことであれば楽しみながらやってみろ。

あまり直感を無視するな。

切符も買わず、置かれた環境に嘆くくらいならどこで降りるかは考えず、先ずは乗車券を買え。

降りる場所は乗車してから考えればいい。

船を出せ。

行き先は船を出してから考えろ。

途中で行き先を変えるのも自由だ。

柔軟に、見える景色を楽しめ。

これは人生の話だ。

いつ終わっても不思議でない世の中だ。

明日も生きているという約束は誰にもない。

「期待」と上手に向き合え

その上で、「期待」と上手に向き合え。

過度な「期待」は禁物だ。

「期待」通りにはいかないのが人生だ。

「期待」をするなとは言わない。

「期待」をするということは、人間である以上仕様のないことだ。

どんな苦行を耐え抜いた歴史的偉人も、どんな聖人君子も、人間である以上、「欲」や「期待」は捨てることができないと証明している。

「期待」をしてしまうことは悪いことではない。

4つの結果が待っていることを知れ

「期待」とは人間らしい感情だ。

生きている以上、ついてまわるだろう。

しかし、物事には4つの結果が待ち受けていることを知っておけ。

  1. 「期待」通り、または「期待」以上の結果
  2. 「期待」ほどではないが、そこそこの結果
  3. 「期待」していたが、変化なしの結果
  4. 「期待」とは真逆の結果

これら4つのうちどれかの結果が待っている。

お前だけじゃない、誰もが等しくこの結果が与えられる。

抗えない真理のようなものだ。

努力や運で「期待」以上の結果が出ることもあるだろう。

ビジネスで成功することや、宝くじが当たるといったこともそうだ。

一方で、「期待」していたものとは程遠い、真逆の結果が出ることもある。

急遽として愛する存在を失うといったこともそうだ。

健康で長生きしてほしいという「期待」とは真逆の結果だ。

人でなくとも、ペットや、植物でも同じようなことが言える。

4つの結果があることを知れば恐れるに足りない

どんなに努力しても実らない結果が出ることもある。

4つの結果いずれかが待っていると知っていれば、何事も楽しめるはずだ。

失敗に思えるような経験も、実はそうではないことも往々にしてある。

人間万事塞翁が馬だ。

過程を楽しもうではないか。

「期待」をしてしまうことは悪いことではない。

4つの結果が待っていることを知っていれば、バランスの良いポジティブな感情が保てるはずだ。

森羅万象に感謝し、瞬間、瞬間を楽しめ。

 

 

ABOUT ME
GREEN TEA
グリーンティー→ソーシャルワーカー。新しいテクノロジー好き。時々スピリチュアル。ハーブティー→看護師。トレンドに敏感だけど実はそんなに興味なし。仲良し夫婦のお気楽ブログ。