おもしろ

サラリーマン川柳のメリットと学ぶ方法【人生観変わるかも】

サラリーマン川柳で頭の体操

毎年、楽しみにしている『第一生命サラリーマン川柳コンクール』。今年も優秀100選が発表になりましたね。

今年は過去イチ!粒ぞろいなんじゃないかともっぱらの噂です!

2000年以降では過去最高の応募数となり、このたび応募総数62.542句の中から全国優秀100句が決定しました。

1月27日(水)より、全国優秀100句の中からサラリーマン川柳コンクールベスト10を決める投票が開始されました。3月19日(金)投票締め切りで、2021年5月にベスト10が発表になります。

コロナ禍で、テレワークをテーマに詠んだ作品が数多く入選。

突然の働き方改革による変化に戸惑いつつも奮闘するサラリーマンの想いを巧みに表現したり、マスクを着用することが当たり前となって、マスクをキーワードとした日常のあるあるをユニークに詠んだ作品などが多数入選しています。

その他、大ヒットアニメ「鬼滅の刃」にちなんだ句も詠まれました。

自粛生活が長引きそうで、お家時間が増える一方です。今は、おうち時間をどう過ごそうってことがみんなの共通の悩み…。

Netflixやアマゾンで映画も十分見たし、ゲームもし飽きたし、ここらでいっちょ、自分を高めたい!お稽古ごとでも!!って思い始めていた頃でした。

どんなことが私に合うんだろう?英語?お習字?お裁縫??なんてずっと考えていたけど、重い腰がちっとも上がらないのです。

続けられるか、難しくないか、お稽古にかかる費用は?なんて考えてしまって。

そこで、今回これだーーー!!と思ったのがサラリーマン川柳。

くらーいニュースばかりにクスって笑えて、ユーモアのセンスも磨かれるなら言うことなし!

今回は、川柳の効果や費用なんかを調べてみました。

そもそも「川柳」とは?メリットとともに解説

奈良時代までさかのぼる伝統に触れられる

新年を迎えると開かれる歌会始(うたかいはじめ)では、国民や皇族の和歌が読み上げられ、毎年テレビや新聞のニュースの話題にものぼります。

この和歌から、俳句と川柳は誕生しました。

歌会始は、鎌倉時代(13世紀中頃)に始まった宮中行事ですが、和歌自体は奈良時代から詠まれていたと言われており、日本で一番古い歌集として知られる「万葉集」が編さんされたのもこの時代(8世紀中ごろ)です。

カルタとしてお正月によく遊ばれる「百人一首」は平安時代の優れた百人の歌人の和歌を集めたものです。

和歌は、五・七・五・七・七の31文字で構成されています。

上の句である五・七・五が独立して、俳句と川柳が誕生しました。

俳句という呼び名は正岡子規がつけたもので、川柳は創始者の柄井(からい)川柳の名に由来しています。

和歌が貴族や武士にとって欠かせない素養のひとつとして重んじられてきたいっぽう、俳句や川柳は身近な文化・言葉遊びとして庶民の間で盛んになり、江戸時代には大流行しました。

たった17文字という魅力

俳句と川柳の一番の魅力は、たった17文字で表現できるという気軽さにあります。

文字の少なさは、簡素な美や引き算の美として海外からも注目され、「KABUKI(歌舞伎)」「KARAOKE(カラオケ)」などと並んで、俳句は「HAIKU」と表記されているほどです。

また、五・七・五という文字の響きにある、日本人にとって心地よいリズム感も魅力です。

和歌から続く1000年以上の歴史があるだけに、まるで私たちのDNAに刷り込まれているかのように、すっと馴染む独特のリズムだといえます。

実際、俳句や川柳には、時代に左右されることのない根強い人気があり、関連書籍・雑誌・文化講座・コンテストなどは現在も数多く見られます。

最近では、スマートフォンなどを使ったメールを送る際に、文章ではなく俳句や川柳でメッセージを伝え合うといったやりとりが若者の間でも好まれており、SNSのコミュニティサービスや専用のアプリも誕生しました。

サラリーマン川柳、女子会川柳、介護川柳などと称し、川柳がカテゴライズされ楽しまれている現象も、愛好者の広がりを示すものといえるでしょう。

川柳の表現方法

和歌の上(かみ)の句である五・七・五、下(しも)の句である七・七を分けて、何人かで詠み合い続ける連歌という形態があります。

季語や切れ字を入れる決まりになっている上の句から俳句、その決まりのない下の句から川柳が生まれました。そのため、川柳も五・七・五の文字で構成されるという点は共通していますが、次のような表現形式の違いがあります。

ただし、五・七・五より文字数が増減する「字余り」「字足らず」が認められているように、それぞれの形式は絶対的なルールではありません。

敏感に察知して伝達する力が身に付く

語を使った俳句を作る際には、「わび・さび」の感覚を表現することがポイントになります。

「わび・さび」とは日本古来の美意識の一つで、落ち着き、静けさ、質素さ、古めかしさ、といった雰囲気や情景を趣き深いと感じる感覚です。

例えば、通勤途中に目にした風景や動植物、休日に出かけた公園や名所などを思い浮かべてみましょう。

そこで感じた色や匂いや光や温度や湿度はどうだったでしょうか。

どれかに感覚を絞ってみると表現しやすくなります。

(例) 白梅や 光射し込む 朝の道

俳句を作ってみると自然に対する意識と感覚が高まるため、季節感や物事を敏感に察知して伝達する力が磨かれます。

人と会う時や手紙を書く時には、季節や天気の話題から始めることが多いものですが、そんな冒頭の言葉にも豊かさや細やかさが加わるはずです。

自分自身の感覚から生まれた、ありきたりではない言葉は、相手にも新鮮さを与えるために会話がそこから展開して、コミュニケーションを広げるきっかけにもなります。

客観的に伝達する力が養われる

季語の不要な川柳を作る際には、「おかしみ・軽み」の感覚を自分なりに表現してみることがポイントになります。

言い換えると、日常の出来事や社会の動きを、少し視点を変えて捉えて楽しんでみたり、背景にある真相や核心を重ねてみたり、滑稽に受け止めてみたりするということです。

例えば、家庭で起こった出来事や上司部下とのやりとりやニュースなどを思い浮かべてみましょう。

そこでの会話や表情のどこかに、ギャップや面白味を感じることはありませんか。

ちょっとした言葉の断片や目元口元の小さな動きに注目して考えてみると表現しやすくなります。

(例)辛口な 上司の好物 モンブラン

川柳を作ってみると人や社会の動きに対して異なる視点から観察する力がつくため、ユーモア感覚や客観的に伝達する力が磨かれます。

すると、辛い状況や苦しい事態に対してもストレートでなく多面的な受け止めができるようになり、うまくいなして乗り越える力も身に付きます。

ストレスの上手な発散にもつながります。

プラスαの感覚

俳句や川柳作りでは伝達力が磨かれることに加えて、俳句と川柳共通の五・七・五という短い文字に表現を凝縮させるための思考工程の中で、言葉を選ぶ力、伝えたいポイントをまとめる力も高まると言われています。

他にも、行間を読む力、共感力、自己再認識力、気付きの力も伸びるとされており、多くのメリットが期待できます。

俳句や川柳作りによって培われたスキルを、企画書や報告書の作成、会議での発言や発表などの仕事に活かすこともできるでしょう。

また、俳句や川柳を作る行為は、右脳と左脳の両方をバランスよく理想的に活性化させることが分かっています。脳にとってもプラス効果があるのです。

長い歴史の中から誕生し親しまれてきた俳句や川柳は、いつでもどこでも簡単に作れる気軽さが大きな魅力ですが、仕事にも活かせるというポイントは見逃せません。

日本文化を味わい楽しみながら、仕事のスキルアップを図ってみましょう。

おうち時間・お稽古で「川柳」が学べる

上記のように、メリットがたくさんある川柳を学べるサイトを紹介します。

NHK学園の生涯学習通信講座 明快!はじめての川柳

NHK学園の生涯学習通信講座のポイント
  1. 自分の思いを詠んで、ストレス発散!脳トレにも。
  2. 自分だけの川柳ノートが作れる!
  3. ご受講の皆様には、機関誌『川柳春秋』が届く!
  4. 川柳大会のへの投句で腕試しができる!

 

ユーキャンの川柳入門講座

ユーキャンの川柳入門講座のポイント
  1. 上達を後押し! 個性に沿った丁寧な添削
  2. 丁寧な個別添削が、作句力アップ!
  3. スマートフォンやパソコンから、疑問点をメールで質問。スキマ時間を有効に活用できて便利。 忙しい人でもムリなく学べる!

 

本でも学べる

まずは本でおうち時間を楽しみながら学ぶという方法もおすすめです!

まとめ

外国人には川柳が難しい理由をご存知ですか?

日本語は横書きにも縦書きにもでき、漢字、ひらがな、カタカナのルビをつけることができるとっても稀な言語なんですよね。

外国人に川柳をつくってもらうとします。「5・7・5でつくってくださいね」と伝えても、「???」となってしまいます。音の数え方って思ったより難しいんですね。

日本人はなにも考えずに『音』を数えることができますが、外国人にとってこれは非常に難しいことなんです。

そもそも音を数えるという概念がない言語がほとんどです。

たとえば英語の『get up』も日本人には『ゲラッ』にしか聞こえませんよね。

子音と母音がセットになっておらず、はっきり発音しない音があります。音ひとつひとつをはっきりと分けて発音しているわけではないので、音を数えようなんてそもそも思わないのです。

せっかく日本人の特権とも言える言葉遊びで、おうち時間を充実させてみませんか?

 

 

ABOUT ME
GREEN TEA
グリーンティー→ソーシャルワーカー。新しいテクノロジー好き。時々スピリチュアル。ハーブティー→看護師。トレンドに敏感だけど実はそんなに興味なし。仲良し夫婦のお気楽ブログ。