生活情報

うつ病の予兆・症状・対処法を実体験を元に解説します

これまで「甘えだ」と言われてきたうつ病も、近年になり、徐々に認知されてきています。
それでもまだ、うつ病の症状や予兆・どんな対処をすればいいかについて、よく知らない人も多くいらっしゃいます。

この記事では、うつ病についてよく知らない方に向けて、

  • うつ病の初期症状
  • うつ病の本症状
  • うつ病にならないための予防方法

といったことを、私の実体験をもとに解説していきます。

うつ病の予兆・初期症状とは?

うつ病とは、気分が落ち込んだりやる気が出なくなるなど、心の状態が悪くなる病気と思われています。
もちろん精神的な病気ではありますが、「心身一体」と言われる通り、うつ病は体にも症状が出ます。

うつ病は検査などで客観的に診断できないため、典型的な症状が出ているかどうかで判断することになります。
ご自身や身の回りの方がうつ病かどうか、以下のリストで初期症状をチェックしてみましょう。

【うつ病の診断基準1】
  • 憂うつ、気分の落ち込みがある
  • 興味や喜びの喪失

⇒2つのうち、どちらかが当てはまっている。

うつ病の診断基準2】
  • 食欲の異常
  • 睡眠の質の悪化
  • いつもより疲れやすい
  • いつもより集中できない
  • そわそわしてしまう
  • 自分を責めてしまう
  • 「死にたい」と思うことがある


⇒上記7つのうち、5つ以上の症状がほぼ1日中かつ2週間以上続いていて、生活や仕事に支障が出ている。

この診断基準1・2の両方に当てはまっている人は、うつ病と診断されます。

うつ病を発症するとどうなるのか?

うつ病は、何らかの原因で脳の働きに問題が起きた状態であり、れっきとした病気です。
努力や気力で治るものではなく、適切な服薬や休養による治療が必要です。

先ほどお話した通り、うつ病には心と体の両方に症状が現れます。
それぞれの症状について、代表的なものをご紹介します。

【心の症状】
  • 憂うつ
  • 不安や焦り
  • 物事に興味がなくなる
  • 自分を責める
  • 自分の存在を消したくなる

私が最も感じる心の症状は、消えたいという感情です。
「死ぬと誰かに迷惑がかかるから、存在自体を消してしまいたい」という思考が、かえって自分を苦しめてしまっていました。

【体の症状】
  • 正常に眠れなくなる、不眠
  • 食欲の異常
  • 体が重く感じるほどの疲労感
  • たびたび動悸や息苦しさを感じる

体の症状で最も分かりやすいものは、私の場合は「食事」でした。
食欲がなくなって急に痩せこける人もいれば、食欲はあっても栄養が偏って太っていく人もいます。

このようにうつ病は、見た目にも現れやすい病気でもあります。

うつ病を予防するためにできること

うつ病の初期と言われる軽い状態であれば、自力で回復する見込みも充分にあります。
様々な研究結果から、うつ病のセルフケアに効果的とされる、以下の3つの方法が明らかになっています。

1.生活リズムを整える
  • 朝8時に起き、夜10時に寝る
  • 朝起きたら日光を浴びる
  • 疲れた時は無理をしない

といった生活リズムを整える行動を意識することで、うつ病の初期症状を軽快させることができます。
憂うつな時は生活リズムを整えることさえ難しいのですが、今の自分ができる範囲で行動して、「できなくても自分を責めない」「うつは必ず良くなる」と、自ら気持ちを重くしないことも大切です。眠れなくてもイライラせず、「疲れ切る」まで起きて活動することもひとつです。自然に眠りに落ちるのを待ち、決して「なぜ眠れないんだ」とイライラしたりしないようにしましょう。

2.思いきって行動してみる

症状が重くなる前に、また、思考が悩みに支配されないために思いきって行動を起こすこともひとつです。散歩や読書などできる範囲で積極的に行動することも、うつを軽くしてくれることが明らかになっています。
例えば、大切なペットを失った際、ペットロスに陥ると感じたら、思いきって新しい家族を向かい入れることも喪失感や悩みに支配されないひとつの選択肢です。

自分の落ち着く生活リズムの中で「ちょっとした積極性」が出せると、気持ちが徐々に軽くなっていくことが実感できると思います。

3.今日・明日のことを考える

うつ病を悪化させる原因の1つに、「先の見えない将来に思い悩む」というものがあります。
将来のことを考えても答えが出ないのに、つい物思いに耽ってしまうんですね。

この将来を見ることから、今この瞬間の自分に視点を切り替えることで、うつ病特有の悩みから解放されることが分かっています。


「ご飯を買うためにコンビニに行ってみよう」「明日はちょっとだけ散歩してみよう」といった、できる範囲内での前向きな行動に目を向けてみてください。

まとめ

うつ病の初期と発症後の症状にほとんど変化はなく、症状の程度が徐々に重くなっていきます。
なんとか生活を自立できている程度の状態が、軽度のうつ病と言われています。
ご自身や身の回りで、うつ病初期の予兆に当てはまっている方がいたら、無理のない範囲で心と体の両方をケアしてあげてください。

うつの人にとって、孤独は何よりもつらいことです。
そんな時に「誰かが自分のことを気にかけてくれている」と知るだけでも、心がスッと軽くなります。

ABOUT ME
GREEN TEA
グリーンティー→ソーシャルワーカー。新しいテクノロジー好き。時々スピリチュアル。ハーブティー→看護師。トレンドに敏感だけど実はそんなに興味なし。仲良し夫婦のお気楽ブログ。